証券会社での口座の作り方

株式投資を始めるにはまず証券会社の口座を作成する必要があります。

その作成方法をご紹介します!

証券会社を選ぼう

日本には銀行と同じようにたくさんの証券会社があります。

銀行で口座を作成するかのように何かしらの理由がある証券会社で口座を作成すると良いでしょう。

銀行だったらよく使う口座や会社の給料振込み銀行と同じにするなど、何かしらのメリットはありますので証券会社を選びましょう。

自分にとって良いと思った証券会社で作成することを考えておきましょう。

銀行口座と同様に、複数作成もできますので例え間違った選択をしても利用しなくて、利用したいと思った口座を作成することも可能です。

まず基本的に証券口座を作成するにあたっての主な理由としては、「手数料が安い」「機能が充実しており使いやすい」「キャンペーンなどでお得」等があります。

そこに関しては、時期によって変動があるので作成の際に確認しておきましょう。

作成する証券会社が決まったら

作成する証券会社が決まりましたら、資料請求をしましょう!

資料が届き確認すると、その証券会社の特徴が詳しく分かると思います。

問題なければ、口座開設となる口座開設申込書が同封されていますので、そちらの記入が必要となります。

口座開設での必要書類

先ほど説明しました、口座開設申込書のほかに必要な書類があります。

口座開設申込書は印鑑の捺印が必要となります。

その他の記入項目を埋めて作成を完了させてください。

さらに、身分証明書のコピーが必要となりますので、そちらも準備する必要があります。

ここで1つ注意しておく必要があるのが、口座開設申込書にて、口座の選択です。

以下の3つの選択をしなければなりません。

・口座を特定口座にしますか?
・一般口座にしますか?
・税金の払い方はどうしますか?

これの違いは分かりますか?

わかる人ならその自分にあった選択でよろしいかと思います。

ですが、なんだこれ!?

と思った方は、「特定口座で、源泉徴収あり」にしておきましょう。

これは、税金の支払いなどに関するものです。

株で儲けが発生するともちろんのように税金の支払いがあります。

その際に、儲けなどを計算していくら税金を払うかなどを計算するのがめんどくさい方などは、全て証券会社が代行して行ってくれる方法、これこそが「特定口座で、源泉徴収あり」となります。

この選択をしていれば、儲けた際の税金の心配は全くなくなります。

この内容を理解している人は、さきほども言いましたが、自分にあった選択で申し込みをしましょう。

口座開設終了

口座開設申込書を送付しますと、約1週間程度で口座開設完了の通知が送られてきますので、確認できましたら口座開設完了となります。

これらを完了すると株購入することが可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加