株の購入方法

実際に株を購入するまでの簡単流れをご紹介します。

ざっくりとした流れの説明なので、誰でも理解できると思います。

証券会社に口座を開く

株を購入するためには、この証券会社の口座が必要となります。

銀行にお金を預けるためには銀行口座が必要という感じで、株を購入するためには証券口座が必要となります。

店頭や電話で注文を出す対面型で証券口座を作ることが可能ですが、現在ではほとんどの方がインターネットで注文を出すネット証券を利用して証券口座を作成しています。

当サイトをご覧になっているということは、最低でも回線の環境があるということなので、ネット証券を利用することをオススメします。

ネット証券ですと、株を売買する時の手数料が少なくなりお得となります。

→ネット証券で口座を作る方法

ネット証券はたくさんの証券会社があり、どの証券会社を利用するかによって手数料の違いなどがあります。

どの証券会社がお得なのかどうかは時期によって違いがありますので、比較して自分にあった証券会社を利用しましょう。

→ネット証券の比較表

口座にお金を準備する

証券会社の口座ができたら、その口座にお金を振込みましょう。

お金がなければ、株を購入することはできません。

振込方法は簡単で、銀行に指定の口座に振り込む形と同じになります。

証券会社や銀行によっては手数料がありますが、無料のところもありますので、口座を開設する際に確認しておくのも良いでしょう。

購入する株を選ぼう

それでは、購入したい株を選びましょう!

どの株を購入して良いのか全くわからない!!なんてことを言っている人は、欲しい株がない限りは購入をしない方が良いかもしれません。

この株を購入することが勝負となります。

資産を増やすということに特化したい人は、これから売上が大きくなりそうな会社を見つけることがじゅうようです。

そんなことわかれば誰でも株で儲けることができます。

そこが難しいからどの株を購入したほうが良いか悩む人がいます。

全ては情報です。

知人からでも、その他でも、情報を仕入れて業績が良くなる会社の株を購入し続ければ株で儲けることが可能となります。

身の回りから探してみるのも良いでしょう。

自分が気に入った機械や何らかの商品があり、その会社が上場していたらその株を購入するという方法も悪くないでしょう。

その気に入ったものが売れまくれば、株価も上がり儲かることができるということになります。

株を購入しよう

購入したい株が決まったら証券会社に注文を出します。

購入方法はインターネットで何かしらの商品を注文して購入するという感じで簡単です。

どの株(銘柄)を何株購入するのかという形で注文する形です。

会社によって、株の価格に違いがありますので、その部分をチェックしながら何株購入するかを決めましょう。

注文する際に「何株、何円」と記載されています。

例えば「100株。現在値470円」と記載されています。

自分の予算にあわせて購入しましょう。

取引成立まで

購入したい株を注文し、取引が成立すると、その成立したという連絡が来ます。

この取引成立は約定と言い、取引成立すれば購入した株はあなたのものになります。

もちろん取引失敗ということもあります。

その場合はお金はもちろん戻ってきますので安心してください。

何らかの理由で取引失敗ということになったのでしょう。

どうしても、そこの会社の株が欲しい場合は、再度買い値を上げて注文する方法もあります。

以上が株を購入するまでの簡単流れとなります。

とにかく、株を知るためには証券会社の口座を作成することから始めてみましょう。

持っているだけでお金がかかるということはありませんし、行動しないと株を知ることはできないでしょう。

いろいろな会社の株をチェックしておき、シュミレーションして自分が株で儲けることが可能かをチェックすることもできますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加