株売買の判断

当サイトの株式購入の基本的な記事を見ていただいた方は、購入までの方法がわかったかなと思います。

今回はその株購入までできるようになった方の最後のご説明になります。

自分の好きな株を購入した後の売買についてです。

株価が上がって売りたいと思った時の判断

購入した株が上がった場合、あなたならどう思いますか?

・株価が上がった分だけ儲かるので下がる前に売る

・もっと株価が上がっていくと思うので、まだ売らずに我慢する

このどちらかしかありませんが、ほとんどの人がもっと上がるかもしれないと、もうちょっと様子を見るという人が多いと思います。

※その金額によって違いはあると思いますが・・・・。

例えば、1株20万円の株を1株購入したとします。

その株が一気に25万まで上がった場合、すぐに売って5万のプラスで終える人もいれば、もうちょっと上がる可能性があるので、もうちょっと様子を見る。

このような、どちらかの判断をせざる負えないことになりますが、それ以外の方法で対応できる策があります。

それは、2株購入するという事です。

2株40万円で購入していれば、1株売って、もう1株は様子を見るという対応が可能となります。

いつもどうしようか悩んでしまう人は、この方法があることを頭に入れておきましょう。

株価が下がってしまった場合

株価が下がった原因が分かっている場合は一刻も早く、買い手を見つけて全株売るという選択肢になると思います。

しかし、原因が分からずたまたま下がっただけで、また上がる可能性があると思う株の場合は・・・。

これも、同様に1株のみの購入だと、すぐに売るか、もうちょっと様子を見るパターンになると思います。

上がった場合と同様に2株購入していれば、1株売って、もう1株は様子を見るという対応が可能となります。

まとめ

上記の内容を読んでいただいた方は、理解していただいたかとは思いますが、このような方法で購入してれば、株価が変動した場合に選択肢が増えるということを覚えておきましょう。

株を購入する際に予算が多少多くなる方法ですが、その場の状況で対応できる最も有効的な方法だと思います。

と、言っても結局は株価が上がるか下がるかが勝負なので、上がりさえすれば儲かりますし、下がれば損します。

リスクも倍までとは言いませんが、多少リスクが上がることは間違いない購入方法です。

その分、リターンも大きくなるのは間違いありません。

予算に余裕がある人の購入方法かもしれません。

いきなり、全額ブチ込むような購入方法はリスクが非常に高いので注意しておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加