イーキャピタル

イーキャピタル

イーキャピタルのご紹介

イー・キャピタル株式会社は、2001年4月に設立、以降、2001年米国テロ事件、2008年リーマンショック、2011年東日本大震災等々、激動の時代の中、お客様と共に成長しながら、十数年(2017年時点にて創業17年目)を経て、現在も投資助言業者として、活動しております。

2007年には、金融商品取引法が施行され、金融商品取引業者となり、より厳格な法令遵守が求められておりますが、社員一丸となり、日々、遵守に努めております。

また、顧客サービスの充実を目的とし、少数精鋭の投資アドバイザーにより、運用精度の向上、分析力の拡充に努め、少しでもお客様に満足頂けるよう、各種努力を継続してまいりました。

そして、今後も、より一層の企業努力を継続し、社会に認められる企業となるべく、日々業務に邁進していく所存でございます。

イーキャピタルの4つの強み

高い情報収集力と分析力

資産運用のプロフェッショナルとして、企業のファンダメンタル&テクニカル、業績動向から国内や海外の経済情勢、為替動向、先物市場、情報ソースにつき、必要に応じ多種多様な要因を分析しています。そうして選定された銘柄の中から、更にお客様の担当者を中心に複数の分析者で個々のお客様の投資状況により適切と思われる銘柄を助言します。

コミュニケーション

情報が溢れる現在ですが、本当に知りたい情報に対して的確な回答やアドバイスを得る機会は減少しているように感じます。投資は基本的にご自身で決断・売買されることが前提となっていますが、決断に迷うような場面や経験にない場面に遭遇した場合、信頼できるパートナーの存在は重要です。

オープンであること

弊社は相場概況や注目銘柄などを無料で公開しています。いくら無料とはいえ、提供する内容に自信がなければ、開業以来おこなっているこのサービスを続けることはできません。公開しているのはみなさまに弊社の投資顧問としてのスキルをご覧いただきたい思いはもちろんですが、弊社では情報は開示することを大切に考えているからです。

銘柄選定と助言のルール

弊社では、お客様に助言する銘柄について、一定の情報分析を踏まえ、責任者の確認が無い限り提示できない内規があります。また、残念ながら実際の値動きが分析結果に伴わない場合、銘柄選定時に設定したロスカットラインを厳格に管理するという内規を適用します。助言者にとってロスカットの提示は確かにお伝えしづらいものですが、「全てはお客様の為」として迅速に助言を行うように社内でルール化されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加