勝ち株ナビ

勝ち株ナビ

的確な市場動向の把握と洗練された投資戦略

的確な市場同行の把握と洗練された投資戦略が多くの投資家を支えています。

株式投資のファーストステップはより良いパートナー選びから。

日々の市場情報はもちろん激熱推奨銘柄も【無料】でご提供!

本物の情報をその目でお確かめください

分析手法

プロによる市場動向を反映したタイムリーな分析

複雑多岐にわたるファクターで時々刻々に変化する投資環境のもと、個人投資家の皆様に、その地合いの意味と解釈、そして見通し、その時点で取り組むべき銘柄群の取捨といった最適の投資助言をタイムリーに行うために、「勝ち株ナビ」は多面的な外部アドヴァイザー陣容を擁しています。

さらに推奨銘柄の選出にあたっても、立拠を異にする複数のチェックポイントをへて、その時点で最善のスクリーニングを尽くした銘柄情報を発信しています。これは従来の単一のインジケーター、あるいはメソッドによる銘柄選定や売買タイミングといった意思決定を、強力に補完して、個人投資家の皆様にとって有用であるとの確信があるためです。株価分析の2大メソッド、ファンダメンタル分析とテクニカル分析双方のメリットを、個人投資家の会員の皆様に最大限に受け取っていただくためでもあります。

広大なマーケットを相手に連日を成長軌道で乗り切るには、個人の情報収集と分析力では限界があることも事実。「勝ち株ナビ」からの複数の有効な武器(情報)で、より戦略的なパフォーマンス向上をはかっていただいています。

データ・メソッドをフル活用した解析プログラム

主にファンダメンタル分析が有効に働く景気動向・企業業績と株価の相関は、59%にもなると言われます。この観点から安定的な投資パフォーマンスを狙います。またチャート図から相場自体の動きと次の株価を探る、テクニカル分析の重要性も、残る41%のウエイトを占めます。ファンダメンタル分析では焦点の合わなかった意外な銘柄の大きな期待値を炙り出し、サプライズな投資パフォーマンスを狙うことができます。テクニカル分析については、チャート図から相場の方向性を“ローソク足分析”などから掴み、相場の強・弱を“ストキャスティクス”で探るなどオーソドックスな解析を用いています。

もちろん、チャート偏重の愚に陥らないよう、騰落株価やサイコロジカルライン、出来高など全般的指標についても加味したうえでの銘柄取捨となります。例えば、よく言われる買いサインのゴールデンクロスでは、真に期待できる動きなのか、パターン判別には細心を配ります。単なるリバウンド狙いでは、成果は限りなく短命で買タイミングの見極めも困難になります。企業業績やテーマ性など、今後の業界の趨勢も考慮して、取り組むべきものか慎重に検証したうえで結論を導いています。

社会情勢判断を踏まえた高度な分析

ファンダメンタル分析では、外部アドヴァイザーごとの得意セクターのティピカル銘柄の業績、業界動向など幅広いテーマの監視・情報収集に不断であたっています。株価のトレース(追跡)と業績見込み、また日々のニュースによって成長性をスコア化して、より人気化(グロース株)する銘柄と判断されたものをピックアップしています。

しかし、マーケットを大きな“森林”と見たとき、売却益なり配当益の有利さといった銘柄=1本1本の木の価値を見る大切さの前に、森林全体を見て“次”の森の姿を思い描く先見性が欠かせません。「勝ち株ナビ」は必要に応じて、社外ブレインにもサジェスションを得ながら、ポジションを決定していきます。また、投資行為のテーマ性についても、グロース(人気株)発掘の観点から積極的に取り組んでいます。例えば、2007年5月に解禁された“三角合併”から高い注目を集めるM&A(企業の買収・合併)の切り口…。スティール・パートナーズのようなアクティビストが保有する銘柄だけではなく、M&Aレシオ(企業の買収魅力度)の指標から再編機運の高まるセクター内の有望銘柄を探るなども欠かしません。

投資戦略

的確なタイミング

Aという同じ銘柄を同数保有する2人の投資家の評価額が、大きく違っているというケースも決して珍しいことではありません。買付価額=買いのタイミングが異なっているためです。相場格言にも「もうはまだなり。まだはもうなり」と売買のタイミングの難しさを指した言葉がある程です。さらにつき詰めると、投資の意思決定の適時性の重要さを考えさせる格言とも言えます。的確なタイミングを外さず、ピンポイントで押さえることで、投資成果は大きく向上します。

この観点から、「勝ち株ナビ」は、顧客オリエンテッド(志向)の理念のもとに、Webサイトの速報性を活用し、スピードが要求される市場に対応したタイムリーな投資助言を発信しています。Webサイトを核にした投資助言こそ、最新の株式投資情報を伝達するメディアとして最適です。そのアドバンテージをより効果的にするため、速報重視の際に優先する情報は実践的・即効的に、銘柄やセクターに直結するニュース、テクニカルに関連する情報であることを意識的に情報に反映させます。また適宜、より基礎的なファンダメンタル情報について言及して、会員様の投資スキルの全般的な向上と成果拡大に資する、タイムリーで実践的な使い勝手のいい投資助言を行っています。

「株」がお金のなる木に育つために、的確なタイミングで発信する実践的な付加価値の大きな情報を適時届けられること…その支えのために、「勝ち株ナビ」のWebサイト運営には外部の専門スタッフを擁して、完成形ではなく常に現在進行形のネットトレードの進化にキャッチアップできる体制を組んでいます。

銘柄の厳選

タイムリーである情報の内容については、先に言及してきたようにファンダメンタル分析とテクニカル分析の2大メソッドの一方に偏ることのないフィルターを通じて行います。個人投資家の方のややもすれば単一の尺度からの銘柄選定を補完できる、複数のインジケーターから自信を持って推奨できる銘柄を厳選して提供しています。

そして重要なのは、「勝ち株ナビ」の投資助言における銘柄選定は、例えばメディアのタイムスパン自体が異なる季刊や月刊の経済誌の挙げる注目銘柄(媒体の性格上、バリュー=割安株主体になりがち)と違い、短・中期で一定の投資成果を期待できる銘柄を速報していきます。またさまざまな投資スタイルで、買付余力も異なる個人投資家の皆様に、プライオリティ(取組み優先度)も瞬時に直感的に掴んでもらえるよう、Webサイト内でのランク付け(銘柄格付)の表示も工夫しています。

銘柄の選定の際のポリシーとして、キーワードには「安定的な成長・拡大」を優先します。例えば、新興市場と東証銘柄の比較では、最近の動向からより東証銘柄を取り上げる…、出来高の多寡ではより流動性の高い銘柄を選好するなどの観点です。なぜなら成長性とリターンの期待値を考えるうえでも、リスク・コントロールを失念しないがための施策です。現実的で実践的な勝率の向上を求める銘柄を厳選して推奨していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加