ウルフ村田から学ぶ!投資術

ウルフ村田から学ぶ!投資術

10倍株投資術体験セミナー

日本株の下落と急反発一、あなたの保有銘柄は大丈夫ですか?

株式相場の第一線で活躍するカリスマ個人投資家から直接学べるプレミアセミナー

先行き不透明な今こその仕込んでおくべき急騰株の3つのポイントとどんな相場になっても適用する勝ち組トレーダーの投資戦略をお伝えします。

体験セミナーで学べる内容

ウルフ村田が数々の急騰銘柄を初動で捉えてきたテクニックを大公開!

急騰銘柄を「初動」で捉えることができれば、少ない資金でも大きな資産を築くことが可能となります。

25年にわたる株式投資経験の中で、数々の急騰銘柄の初動に乗り、大きな利益を上げてきたウルフ村田。「初動ハンター」の異名を持つ彼女が、その技を余すところなくお伝えします。

北朝鮮情勢が不透明な相場でも確実に利益を出していくために、個人投資家がとるべき戦略

北朝鮮動向やトランプ米大統領の波紋を呼ぶ発言など、地政学リスクが常に燻る12月の株式市場。そんな先の見えない相場において結果を出すためには、今まで以上に相場がどのような状況なのかを捉え、柔軟に投資対象を変えていくことが大切です。このセミナーで、ウルフ村田がプロの目線から、今後の展望と、私たち個人投資家が「今」とるべき戦略をお伝えします。

どんな相場でも必ず存在する急騰銘柄の「パターン」を伝授します

大きく値を上げる急騰銘柄は、地合いの良し悪しに関係なく、必ず存在しています。

そして、その急騰銘柄には共通する特徴やパターンがあり、それを知っていれば誰でも急騰銘柄を見極める目を持つことができるのです。

勝ち続けるトレーダーのみが知る、その特徴やパターンを、徹底レクチャーします。

知らないと損をする!含み損を最小限に抑えるトレードテクニックとは?

ウルフ村田が実際に行っている、損失を最小限に抑えて利益を最大化するトレードテクニック。

ここで紹介するテクニックを使えば、もしあなたの思惑とは 反対に株価が動いたとしても、損失額を最小限に抑えることができます。

守りながら攻める、プロのトレードテクニックをしっかりと学んでください。

常勝トレーダーが実際に行っている情報収集方法と活用方法

株式投資で成功するための大きな要因の一つに情報があげられます。

現実のトレードでは、考え方や手法に加えて、「今、相場がどうなっているか?」 読み解く必要があるからです。

このセミナーでは、ウルフ村田が実際に使っていて、その成果を実証済みの情報収集と活用方法を「誰でもできる」レベルでお伝えします。

特別なプロジェクトも公開

セミナーでは、ウルフ村田が講師を務める、ウルフ村田流の株式投資法をマスターしていただく、特別なプロジェクトを公開します。

他の株式投資スクールでは決して学ぶことができない、勝てるトレーダーの考え方にフォーカスし、どんな相場でも結果を出すことができる強いトレーダー育成を目指したプロジェクトをご案内します。株式投資で結果を出したい方は必見です。

初心者の方にも丁寧に株の魅力をお伝え

株式投資は乱高下の荒れた相場など今は言われていますが、相場の歴史は繰り返されます。

決まって相場は安定した右肩上がりがずっと続くということはありません。

まるで鼓動のように、上がったり下がったり、波打ちながら日々変動しています。

上がったら下がります、また、下がったら上がります。

もちろん横ばいもあります。この原理をわからないままですと、株式投資はいつ急落が来るかもしれないから危ない。とか、初心者のやるものではない。

だからこういったイメージがあるのだと思います。

株式投資は、正しいやり方を学び、実践すれば結果の出る投資です。

前述した、怖いというイメージなどは正に投資ではなく、ギャンブルと同じような、ただの当てずっぽうなトレードになっているからなのです。

私は初心者だからこそ、頭が真っ白な状態だからこそ、正しく学べば株式投資で結果を出しやすいとも考えています。

私は、トレード以外の特技がありません。トレードも天性でできたなどとは全く思っていません。ただ、ひたむきに一つの事に特化し続けた。

それが特技となったのです。

私のように何も取り柄の無い人でも、株式投資ができることを分かって頂きたい。そんな思いが強いです。株式投資を学ぶことは経済に強くなるとも言えます。経済に強くなると生きる力も自然に身につきます。

様々なメディアなどで私も、株式投資はセーフティーネットになるとお話させて頂いています。あなたに株式投資の技術があれば、もし今後仕事がなくなったとしても思い悩む事なく生きていける素晴らしいものです。

私のセミナーがきっかけで株式投資で豊かになって頂く人が増えることを願っています。あなたにセミナー会場でお会いすることを楽しみにしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加