株価の天井を見極めるには・・・

株価の天井を見極めることができれば、一番売りの状況が良い状態で売りに出せることになります。

実力のある投資家でも、天井を見極めることは難しいと言われています。

完璧にその天井を見極めるということは難しいのですが、投資家で成功している人はこの読みがとてもうまいことは間違いありません。

少しでも役立てばとその天井の見極めれる方法の1つとしてご紹介させていただきます。

チャートを確認

チャートを確認してみて過去の天井を見ておきましょう。

ここで、確認しておくことは、株価が天井を迎えた時に出来高がどうなっているのかをチェックしてみましょう。

株価が上昇するたびに出来高も上がっていることがわかります。

株価がピークを迎え下落するとともに出来高も下がっていることがわかります。

なので、出来高が上がっている場合は株価も上がる可能性が高いということで、まだ天井は迎えていないと判断できる。

出来高が下がれば、株価も下がる可能性があるのでその時点が天井と判断できるでしょう。

もちろん全ての企業が同様な現象が起きることはありませんが、基本的に同様な現象が起こる可能性があると思います。

株価の天井を見極めるためには、出来高を見る必要があること。

まとめ

誰でもこのような最高値や最安値を判断できる情報があれば、株で儲けることが簡単になります。

少しでも株の売買がうまくできるように、投資家は様々な情報を調べています。

成功や失敗を繰り返して、失敗をできる限り少なくしていく。

ゆっくりと今の自分の最善を尽くしていることこそが、上達への近道となるでしょう。

どんなに一流な投資家でも完璧ではありません。

完璧を求めず、最善を尽くし成功率を少しでも高くしていくことだけを考えて株式投資をすることがベストだと私は思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加