株の配当金について

株式投資で魅力的なものは配当になります。

ある程度の株数、ミニ株なので購入していなければ、配当をもらえる企業があります。

もちろん、配当を出していない企業もありますので、株を購入する前に配当を確認して購入する人もいます。

基本的には業績が良くなった企業の株を持っていれば、配当が出ることがあるでしょう。

配当について

配当は株主が受けられる利益の分配です。

一般的には現金によって支払われる現金配当になります。

会社の利益によるもので支払いが行われるため、配当金額に関しては一定のものではありません。

業績によって金額が変わってきます。

不信の場合は配当がないことがあります。

もらえる回数

配当がもらえる回数のほとんどが年1回ですが、2回のところもあります。

その会社の株主総会が終わった後すぐにもらえることが多いです。

2回の場合は、中間決算後などが多いようです。

銀行の利息と比べる

銀行の定期預金の利回りを見てみると、1年定期で0.001%

ですが、東証1部上場銘柄の平均配当利回りは約1.7%

これを比較してみると、銀行にあずけているよりも配当狙いで株を購入していたほうが圧倒的に高い数字になっています。

最近は、配当を多く出す会社が増えてきていることもありますので、ただ預金をしているよりも株を購入していたほうが良いのかもしれませんね。

配当がない場合もあるので注意

株主になっていれば配当が必ずもらえるわけではありません。

業績が悪い場合や悪化している場合などは配当がなしになる場合があります。

東証1部に上場している企業で約1割は無配当となっていますので、配当狙いの場合は過去のデータを確認しておきましょう。

配当をもらうための条件

配当をもらうためには、株式会社の株主であることが絶対です。

手元や証券口座に保有しているだけでは配当をもらえません。

その会社が管理する株主名簿に登録されていることが必要になります。

株主名簿に記載されるためには、権利確定日と言われる決算期末日にその会社の株式を保有している必要があります。

権利確定日から4営業日前に証券会社に買い注文を出して約定が完了した状態にしておかなければなりません。

例えば、3月31日に株主名簿に記載されるためには、

・4営業日前の3月28日の時点で株主である状態

・3月28日までに買い注文を成立させている状態

このどちらかが必要です。

上記の条件を果たし、株主名簿に記載された場合、3月29日に株式を売却したとしても、配当を受け取ることが可能となります。

配当目的で3月28日までに株主名簿に記載される条件を満たし、3月29日に株式を売却する手法も可能となります。

配当金に対してかかる税金

配当金をもらえた場合は、配当所得として課税対象になります。

上場企業の配当の場合は、約20%かかると思っておいてください。

確定申告等について

税金の支払い、計算などめんどくさいと思ってしまいますよね。

証券会社の口座を特定口座にしておけば、配当を受け取る際に税金が差し引かれた金額が入金されますので、計算する必要も支払い手続きをする必要もありません。

証券会社が全て行ってくれます。

税金の支払いなど気にしたくない方は特定口座にしておきましょう。

まとめ

配当に関しては、株式投資の利益として得られる1つです。

業績が良い会社は株価が上がり、配当も多く分配されるという一石二鳥となるでしょう。

ですが、逆は逆です。

貰えない場合もありますし、株価が下がっている可能性もあります。

これからは、良い配当を狙った株式投資が注目される可能性がありますので、配当に関しては必要チェック項目になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加