株価が下がる理由

株価が下がる理由ですが、簡単に言えば株価が上がる理由と逆のことが起きた場合になります。

株価が上がる理由

株価が下がる理由は売り手が多く、人気がなくなっている場合に起こります。

上がる理由と逆になりますが、1つずつご説明します。

業績が不調になる

業績が不調になるということは、利益が出ていない状態です。

もちろんですが、投資家からの人気が落ちて売り手が多くなることは当然です。

業績の見通しを修正した

当初の予想より、見通しを下方修正した場合です。

企業が思っていたよりも利益が少なくなりそうですと報告した場合ですね。

配当金が下がったり無くなる

配当金は株を持っていれば必ず受け取れるものではありません。

企業の業績によってある場合やない場合があります。

今まで配当金が出ていたとしても今年は「減らします」や「出しません」ということもあります。

この報告があれば、業績の不調などを感じてしまいますよね。

自然と株の売り手が増えて、株価が下がる現象となるでしょう。

問題などが起こる

テレビなどのニュースで見たことがあると思いますが、経営のトップの人が不祥事や法律違反などを起こした場合は株価が下がる原因と言えるでしょう。

悪いことや世間的に不快を感じることをする企業は人気が下がるのは間違いないでしょう。

為替ルートによって

円高や円安の影響を受ける企業が当てはまります。

何か輸出をしている企業は円高になると、製品の値段が高くなり利益が減るということになります。

これによって、人気が減る場合があります。

同業他社の不調

これは全てがそうとは言えませんが、同業他社の不調により、業界自体が不調と思ってしまう人もいる可能性があります。

そこで、売りに出る人が多くなる現象があります。

ですが、同業他社が問題がある場合はライバルが弱くなることにより、逆に売上アップのチャンスとも言えたりします。

まとめ

株価の下落にもいろいろな要因があります。

下落する原因を知っておけば、次回そのようなことが無いように、早めに対策ができたりします。

株が下がり始めたが、またいつか上がると思って待ち続けるのはオススメしません。

個人的な意見になってしまいますが、少しでも不安になったと思ったら、損切りしてでもマイナスをできるだけ少なくする方法で、他の企業の株で勝負し始めた方が良いかと思います。

株で100%勝ち続けることは難しいですが、少しでもその数字に近づけるために、成功と失敗の理由をどんどん覚えていきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加