新規公開株の買い方

新規公開株の魅力については他のページでご説明しているので、わからない人はまず新規公開株について内容を確認しておきましょう。

→新規公開株(IPO)の魅力について

今回はその新規公開株の購入方法についてご説明します。

新規公開株は証券会社の口座を作っていれば必ず購入できるとは限りません。

証券会社によって、強い弱いがあります。

例えば、ある会社が新規公開株を10000株発行したとします。

この10000株は各証券会社に振り分けされます。

・A証券会社ー5000株

・B証券会社ー3000株

・C証券会社ー2000株

と、振り分けられ、その他の証券会社には振り分けがない場合があります。

新規公開株を獲得する強い証券会社があるのです!

新規公開株でたくさん挑戦したい方は、証券会社の口座を多めに準備しておくと良いでしょう。

振り分けられている証券会社の口座を持っているから、必ず新規公開株を購入できるとは限りません。

新規公開株は大変人気で、申し込みにより、抽選で当たった人が購入権利を得ることになります。

少しでも当たる確率を上げたい人は、上記の場合A・B・C全ての証券会社の口座を作成しており、各証券会社で新規公開株の抽選を申し込んでいます。

抽選回数も増えるので、確率はあがりますよね。

抽選については、どの証券会社もコンピューターでの抽選なので全ての人が平等となり、誰でもチャンスがあります。

ブックビルディング方式が主流

新規公開株の買い方ですが、ブックビルディング方式が主流となっていますので、こちらの方法を簡単にご説明します。

まず、ある会社の新規公開株が発表されると仮条件として価格が800円~1200円などと提示されています。

購入希望者はその仮条件を見て、仮条件の範囲内で購入希望価格を提示します。

※最近では最高値の1200円で提示しないと購入できないことがほとんどです。

その後、発行株数と注文株数が決定します。

基本的にほとんどが注文株数が多くなります。注文株数が多くなるのでそこから抽選が行われることになります。

ここで、抽選に当たれば新規公開株の購入が可能となるのです。

新規公開株の挑戦は一切費用がかかりませんので、予算内の資金でどんどん挑戦すべきだと思いますので興味のある方は是非!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加