株式投資でやってはいけない事

株式投資で儲けるためには、やってはいけないことをまず知っておくことが大事です。

株で大損している人がついついやってしまったことを知っておきましょう!

これからご紹介する3つのことは、できる限りしないように(注)

1つの銘柄に大金の投資

初心者の方は特に気をつける必要があります。

多くの資金が準備できないが、欲しい銘柄があったとしても、自己資金以上のお金を投資に回さないようにしましょう!

急に株価が暴落してしまう可能性がないと言えないのが株式投資です。

1銘柄にいくらかと決めておきましょう。

自己資金の20%程度にしておくことがオススメです。

株式投資に安心という言葉はありません。

いつどうなるかわからないという事は、必ず頭に入れておきましょう。

どんなに大企業の安定企業と言われていても、過去には株価が急落したことも実際にあります。

そのため、安定企業の株に全額資金を投資することは大失敗する可能性があると言えるでしょう。

リスクを回避しながら勝負し、徐々にコツを掴んでいきましょう。

1つの銘柄に固執しないこと

銘柄を買った後で、徐々に株価が下がってきている場合でも、再び上がるかも知れないなどと、考えてしまうのが普通でしょう。

ですが、そこから再び上がることはないとは言えませんが、上がりにくい状況になっているのは事実。

再び上がる現象は、プロ達の投資家が売り買いをうまくコントロールしていることにより、上昇することがあります。

が、その企業自体は弱っているのは事実。

何かしらの可能性を感じなくなった時点でその企業の株は勇気をもって売ることをしたほうが良いかもしれません。

「損切り」という事です。

損を覚悟で売ることも大事です。

これができれば、今後のやり方やこれからのあなたの成長につながる可能性が高いです。

大丈夫だと思っていた企業でも、いつ、力のある企業が現れるかもわかりません。

絶対までとは言い切れないのは確かですが、株価が下がってきたら早めに売るという決断は大事なことになります。

いろいろな手法で株式投資をしないこと

株式投資では人によって様々な手法があります。

安定した高配当狙いで投資をしている人もいれば、成長株投資を目的にしている人など。

とにかく、何かしら儲かりそうだからと言って、自分が何も分からずにいつもと違う感じで投資をしてしまうと、本来の目的とずれてしまい、失敗する可能性が高くなっていると私は思います。

勝ち続けている投資家のほとんどは、自分のやり方を続けており、シンプルな方法で勝負しています。

パチンコをやったことがない人はわからないかもしれませんが、例えばあの店がよく出るからと言って、いつもの店で勝てているのに、もっと出そうな店で勝負してしまったり。

いつもの行きつけの場所で、出そうな台をしっかりと打ち続けることが大事って感じですかねw

うまくいっている方法を見つけ出したらそれを続ける事です。

違う手法でもっと儲かるなど思ったとしても・・・

勝負はオススメしません。

まとめ

株式投資で失敗したことがある人は上記の内容で株式投資をしたことがある可能性が高いのです。

株式投資をする際は、やはり資金をしっかりと準備しておき、余裕を持って勝負しなければやけくそになったりで、大損する可能性がありますので注意しましょう。

あとは、自分の投資方法をいち早く見つけ出すことが大事になるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加