株にかかる税金について

株で儲けたときは、もちろんと言いたくはないですが税金がかかります。

仕方ないですが、支払わないといけないという義務がありますので、儲けた際は税金の支払いを必ず行いましょう。

株の値上がり益に対して、20%の課税がされます。

株の配当に対しても、20%の課税がされます。

2013年までは10%という軽減税率がありましたが、それは期限が切れてなくなったので、20%となっています。

NISA(ニーサ)口座を作ろう

軽減税率がなくなった代わりに、NISAという制度が始まりました。

このNISAという口座を作っておくと年間120万までの取引に関して儲けた利益は無税となります。

つまり、120万までの儲けは税金がかからないということになります。

多少の手間などはありますが、口座開設の際についでに作成できますので、作っておきましょう。

損することはないので、作っておかないとせっかく株で儲けたのに多めの税金を支払いしなければならなくなります!

まとめ

株で儲ければ税金の支払いは絶対です。

もちろん儲からなければ、支払いは必要ありません。

税金の支払い方法は、自分で儲けを計算して1年に1回支払いする方法もあれば、証券口座から儲け分の中から税金を差し引いてもらう感じで、税金の支払いを任せる方法などあります。

大変ですが、設けた場合はしっかりと支払うべき税金を支払いましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加