日経平均株価とTOPIXについて

株を始める前でも始めた後でも株に興味を持った初心者の方は、日経平均株価とTOPIXなどの言葉を聞いたことがありますよね!?

私も当初はこの言葉は聞いたことがあるといった程度でした。

そんな方にご説明します。

日経平均株価とTOPIXは似たようなものですが、多少の違いがありますのでご説明します。

日経平均株価とは

東証1部上場の銘柄から225銘柄を選び、その平均株価のことです。

大手企業の株価が選ばれている感じですね。

この225銘柄の中には、トヨタやNTTなど誰でも聞いたことがあるような企業の株が選ばれています。

株価が高い銘柄が選ばれているので、この日経平均株価が上がるか下がるかで、株価全体へ影響する可能性が高いと言われています。

TOPIXとは

日経平均株価は東証1部上場の銘柄から225銘柄を選んいますが、TOPIXは東証1部上場の全銘柄の時価総額の合計を全銘柄で割って出した数字になります。

日経平均株価と似たようなものですが、TOPIXは範囲が大きくなったということですね。

東証1部上場とは

先程から東証1部上場と言われてもと思った方がいるかもしれないので、簡単に説明させていただきます。

株式市場にはランクがあり、高いランクになりたければ厳しい審査を通らなければなりません。

企業が上場した際は、もちろん上のランクになりたいでしょう。

その最上級のランクに位置するのが東証1部なのです。

ランク表


東証一部

東証二部

ジャスダック(スタンダード)

マザーズ

ジャスダック(グロース)


この5つに分かれています。

事業実績を上げると、上へと格上げすることが可能となります。

上にいく必要があるのか!?

と思うかもしれませんが、上にいけばいくほど企業としての信頼は高くなり、

・資金の調達

・企業の知名度

・社会的な信頼度

・企業のステータス

などが、上がり運営しやすくなります。

とにかく上にいけばいくほど、企業にとってはいいことなのです。

優秀な人材も、そこの企業で働きたいと思うでしょうからね。

まとめ

日経平均株価は東証1部となる大手企業がどのような状況なのかをまとめているものになります。

全体的な株価の動きとも言えるので、株で儲けている人は必ずチェックしているものになりますので、覚えておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加