株価が上がる理由

株で儲けるためには株価の変動理由を知っておく必要があります。

株で稼ぐためには、安く買って高く売る!これが基本です。

今回は株価が上がる理由について知っておきましょう。

株価が上がる理由は買い手が多く、人気の高い状況ということです。

その、上がる理由として・・・

業績が好調である

企業の業績が良ければ、利益を生みやすい状況なので、自然と投資家からの人気が集まり株価が上がって行きます。

その企業が何かしら発売し、売れ行きが好調と言う状態になると株価は上がっていくでしょう。

儲けが出そうな新商品の情報をいち早く知っておくと、株価が上がる前に株の購入が出来ますね。

業績の見通しを修正した場合

当初の予想より、見通しを上方修正した場合です。

思っていたよりも利益が出そうという報告が企業から発表されます。

これは、確実に利益が上がるわけではないですが、好感が持てる情報となります。

そのため、株価が上がっていくと予測されます。

配当金が増える

株をある程度購入していると配当金が出ることがあります。

この配当金が今までなかった企業や少なかった企業が今年は、配当金を増やしますと発表したとき。

説明する必要はないでしょうが、好感が持てる情報ですよね。

投資家が株を購入する1つの理由となるでしょう。

新しいものを始めた場合

新製品や新しい工場の建設などを発表した場合です。

新しいものを始めれば、もちろんリスクはありますが、何かを始めなければ利益が増える可能性は低いと言われています。

少なくともこのような企業は期待されていることもあり、自然と株価が上がるでしょう。

毎年何もしない企業よりも新しいことを始める企業は期待ができますからね。

合併や買収

企業の合併や買収は、相乗効果で企業価値が上がる判断がされやすいです。

企業価値が上がると判断されやすい状態だと思いますね。

割安株が修正された場合

割安で放置されていた株が、何かしらの出来事で株価上昇する場合があります。

何かしらというのは上記で説明した内容が理由である可能性がありますし、株式のランクが上がった場合です。

※東証1部へ移動するなど。

投資家の目に入ることになりますので、株価が上がることがあるでしょう。

マイナーだった株が、一流になった感じですかね。

まとめ

これ以外にもたくさんの理由で株価が上がる理由がありますが、基本的には今回ご紹介した内容が起これば、株価が上がっていることが多い。

もし、自分で購入している株が上がった場合は何かしらの理由があるはずです。

その内容をきっちりと知っておくと、違う株を購入する際に注意しながら購入できるでしょう。

儲けたからと言ってそれで満足せずに、理由を調べることで今後の株式投資の知恵として役立つでしょう。

損した場合もそうです!その理由を知ることが株式投資でうまくいくことでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加