雨が続いた場合、天気予報で狙う注目銘柄

梅雨の時期はもちろん、その他の時期でも雨が続くと狙える銘柄があります。

東京都など、雨の日が何十日連続です!

という、天気予報を聞いたことがありますよね。

この時に狙える銘柄をチェックしておき、先に行動しておきましょう。

天気予報で読み取る注目銘柄があるかもしれません!

雨の日が続いた場合

あなたは雨の日に何をしますか?

その行動はあなただけではないはずです。

その行動がポイントになります。

今回の場合は、基本的な場合ということを知っておいてください。

雨が続いた場合は基本的には屋内レジャー施設へ遊びに行く人が増えることが多いでしょう。

これは、実際に調子が良くなっていることを毎年感じることができます。

例えば、映画館や室内スポット

昨年調子が良かったのが

「東映」「東宝」「松竹」「ラウンドワン」

などがあります。

雨の日が続いてから調子が良くなったところです。

天気予報を先読みし、株を購入していれば見事に成功していたでしょう!

快晴が続き気温の高い日が続く場合

これも、あなた自身の行動を考えてください。

気温が暑くて外で遊ぶよりも結局室内で過ごす!って言ったりしていませんか?

家でじっと過ごしていても経済は動いていません。

この発想はなしにしておきましょう!

これも基本的になりますが、寒い時に比べ暑い時に食べるものってなんですか?

アイスなどはこれに当てはまるのではないでしょうか?

暑くなればなるほど食べたくなる人が多いのはアイス

そこで狙えるのが、氷菓の売れ行きを見る。

もちろん、あなたが美味しいと思ったアイスの銘柄があればそれで勝負するのは悪くありません。

実際に、寒い日や雨の日に売れ行きが悪くなり、猛暑日などが続けば売れ行きが好調になっているのが

「森永乳業」

などです。

まとめ

このように、天気などに左右されるものはたくさんあります。

暖かくなってくる時期や寒くなってくる時期

それぞれに売れるものが変わってきます。

一番簡単なのが、自分の行動!自分はその時期に何を購入するようになるかをチェックしていれば、株価が上がっていくものが分かるようになるかもしれませんね。

ただ、先読みして購入しておかないと、時期が終わりかけの時は下落する可能性は高いと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加