仮想通貨のとは・・・

仮想通貨という言葉を最近よく聞くようになってきましたよね。

この仮想通貨は以前からありましたが、近年注目されるようになりました。

この言葉をよく聞くけど、実際はどのようなものなのかわからないという人が多いのではないでしょうか!?

仮想通貨は儲かるとか言いますが、なぜなんだろう。

どのようにしてなど、疑問がある方のために簡単にご説明させていただきます。

仮想通貨とは

日本では仮想通貨と言われていますが、英語表記では

「Crypto Currency(クリプト カレンシー)」

となり、暗号通貨と訳されます。

ですが、日本では仮想通貨なので、今後はこの言葉でご説明させていただきます。

仮想通貨とは簡単に言えば

インターネット上の電子的な通貨になります。

電子マネーという言葉を聞いたことがありますか?

Edy、Suica、nanacoのような、お金をチャージして提携店舗でチャージしたポイントを消費して買い物をすることができますよね。

実際に、仮想通貨もこのようなものと似ている言えます。

違いとしては

・お金(法定通貨)と換金できる

・暗号化と分散技術で通貨の改ざん、不正、消失を防止している

・特定の国家や銀行に依存しない仕組み

大きな違いといえば、電子マネーはお金でチャージすることはできるが、やっぱりお金に戻すために換金する事は不可能です。

仮想通貨はそれが可能なのです。

もちろん、仮想通貨を使って商品を購入することもできます。が、まだ日本はその仮想通貨で買い物が可能な店舗がほとんどありません。

他の国では、仮想通貨で買い物などができることが多くなっています。

仮想通貨で稼ぐ

電子マネーでは稼ぐことはできませんが、仮想通貨では儲けることができます。

それがなぜかというと、世界で利用をできる仮想通貨が存在するからです。

仮想通貨というのは、電子マネーのように数種類存在します。

最近よく聞くと思いますが、「ビットコイン」というのは仮想通貨の1つの種類になります。

ビットコイン以外の仮想通貨もたくさんあります。

ですが、世界でよく利用される仮想通貨はどんどん価値が上がって行きます。

なぜそのような現象が起きるかというと、誰かが売らなければ購入できないからです。

そうしたことによってどんどんと価値が上がっていくのです。

そして、価値が上がる理由としては、仮想通貨が使える場所なら国が違っても利用できるからです。

日本のお金、円を使ってアメリカで商品を購入することはできません。

円をドルに変換してドルとして買い物をする必要があります。

そして、時期によって1ドルが○○円と変わってしまいますが、仮想通貨ならその変動はありません。

インターネットなどの海外サイトで買い物をする際に、実際のお金(法定通貨)をその国の通貨に変換して購入する場合と、仮想通貨が利用可能で購入する場合は一体どちらが安く購入出来るのか!?

と比べた時に、国によっては仮想通貨の方がかなりお得なことがあります。

そのため、仮想通貨を購入する人が多くなり、国によって仮想通貨の価値が変わってくる感じですね。

まとめ

仮想通貨にはたくさんの種類があります。

今から価値が上がる仮想通貨を購入しておいて、価値が上がり購入したい人が多くなればお金として稼ぐことができます。

世界初で「ビットコイン」という仮想通貨が作られましたが、当初10万円分購入していたら、現在では5000万円になっているらしいですよ!

まだ、これから価値も上がる可能性もありますし、これから価値が上がる仮想通貨を見つけて購入しておくという投資が日本では流行っているようです。

→仮想通貨の種類

色々と確認してみて、投資として仮想通貨を始めるもいいですし、通常の感じで仮想通貨で買い物をしても良い。

仮想通貨を購入するには、仮想通貨取引所を利用して購入することが可能となります。

参考にして仮想通貨の購入をしてみてはいかかでしょうか!?

→仮想通貨取引所一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加