仮想通貨の種類

最近よく聞く「ビットコイン」

これ1つのみが仮想通貨ではありません。

仮想通貨にはたくさんの種類があります。

全種類を紹介できるほど少ない数ではないので、ここでは一部をご紹介します。

ビットコイン

この仮想通貨はよく聞きますよね。

仮想通貨で一番有名で一番普及している通貨になります。

仮想通貨市場で8割程度シェアを占めているようです。

ビットコインキャッシュ

ビットコインが分裂して誕生した仮想通貨になります。

基本的にはビットコインと同じなのですが、いくつかの問題点をビットコインとは別の解決策を採用しています。

まだまだビットコインと比べ、ユーザーの支持は低い

イーサリアム

現在2番手の仮想通貨になります。

通過内に契約を盛り込めており、安心感があり現在は徐々に関心を集めているようです。

イーサリアムクラシック

イーサリアムが分派した仮想通貨になります。

イーサリアムがバグ問題を発生したことにより、修正作業が必要となりました。

イーサリアムの本来の理念と異なる考えがあり、通貨として分派したようです。

基本的にはイーサリアムと同じなのですが、誰にも干渉を受けない通貨を目的としているようです。

リップル

ネットワーク上で安価で高速な送金、トレードを実現させるための仮想通貨になります。

ライトコイン

ビットコインの第二を目指して作られた仮想通貨になります。

基本的にはビットコインと同様ですが、埋蔵量が多かったり、決済スピードを改良を目指しているようです。

ユーザーの流れが変われば、ビットコインと対等になる仮想通貨かもしれませんね。

モナコイン

日本で初めて作られた仮想通貨です。

2ちゃんねるという掲示板を知っていますよね。

そこが作成した仮想通貨になります。

目的としては、海外で食事などチップを渡す習慣がありますが、それを日本のネット内でちょっとしたお金を渡す為の使い方をしたいという考えで作成されているようです。

まとめ

ここで紹介した仮想通貨の種類は、ほんの一部になります。

まだまだ仮想通貨はたくさんの種類があります。

そして、その仮想通貨の目的は様々です。

各仮想通貨の目的や詳細については1つずつご紹介させていただきますので、ご確認してみてください。

→仮想通貨のご紹介

仮想通貨の購入方法もご紹介していますので、当サイトの仮想通貨取引所ご紹介ページで購入したい仮想通貨を購入してみてください。

あなたが仮想通貨をどのような目的で購入するかをしっかりと決めておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加