ビットコイン(BTC)

仮想通貨といえばビットコイン

最も有名で代表的な仮想通貨と言えます。

現在、日本では投資対象として注目が集まっています。

実際にビットコインは投資として儲かるのか?

という、意見をよく聞きますが、実際に儲かっている人は存在しますし、ビットコインが誕生して現在までの価値はかなり高くなっています。

その価値は何十万倍も上がっています。

単純に誕生した際に1万円分のビットコインを持っていれば、現在では1000万円分以上の価値となっているという事です。

これからも世界で普及し続ければ、その価値はどんどんと上がっていくでしょう!

なので、投資対象としてビットコインを利用することも可能になります。

もちろん、価値は下がることもありますので、そこは頭に入れておきましょう。

なぜ価値が上がるのか!?

ビットコインは発行できる上限が約2100万ビットコインまでと決まっています。

なので、貨幣のように大量発行によるインフレなどは心配する必要はありません。

なので、1ビットコインの価値は欲しい人が増えれば増えるほど上がっていくことになります。

ビットコインに価値がついた理由

最初は一部のユーザーのみに利用されていたビットコインですが、次第に広い世界で流通するようになりました。

ビットコインがショッピングで用いられたことにより、独自の価値を持つようになりました。

ある日ビットコインを所有している人が1万枚でピザを2枚交換してくれる人はいないかとオンラインフォーラムで呼びかけたところ、そのビットコイン1万枚を25ドルに換算してピザを2枚購入することができました。

この時はまだ、ビットコインの価値は低いものでした。

その後、このビットコインという存在を知るショップや企業が増えていきます。

価値が上がっていく理由としてキプロスの危機と言われています。

キプロスというのは、ヨーロッパの小国で財政破たんの危機となり、銀行預金を封鎖する策を立てたのです。

ここで、資本家や投資家は黙ってはいません。

そこで彼らが選んだのがビットコインでした。

ビットコインの方が安全で安心だということ考えたのです。

キプロスの資本家や投資家はビットコインを購入したいと考え、需要が急増し一気に価格急騰する形になったのです。

1ビットコインが0.2円だった当初から、1ビットコイン1000円、1ビットコイン5000円とどんどん値上がりしていく形となりました。

貨幣を持つよりもビットコインを所有していたほうが間違いないと、多少高くなったビットコインでも購入したいとうい人が増えていったということですね。

オークション的な考え方!?かもしれないですね。

さらにビットコインの価値が上がった原因として、中国でもビットコインの普及が始まりました。

中国バブルで一気に需要を拡大させました。

たった3.4年の間で1ビットコインの価格が11万円になるほどの現象が起きました。

ですが、その期間も一時で、中国がビットコインの規制を行い1ビットコインが5万円と一気に値を下げる現象も起きました。

各国で何かが起こることにより、そのビットコインの価値が変わる現象が今でも起きています。

日本はビットコインをショップで利用する目的の方は少なく、ビットコインの売買で投資として扱われているといってもいいでしょう。

これからのビットコインの価値がどう動くかはわかりませんが、安定し徐々に値を上げている時期もあるため、投資としてビットコインが利用されるようになっているのです。

ビットコインの将来性

今後ビットコインがどうなるかなど誰もが知りたい情報です。

今後の可能性としてはいくつものパターンが有りどうなるのかわからない。

これぞ投資といった特徴でしょう。

2017年現在は知名度もどんどん大きくなり、すぐには無くなるものではないと言えるようになってきました。

安定感のある投資とも言える状況ではありますが、一気に破綻する可能性もあるものを考えておきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加