ビットコインキャッシュ

ビットコインはよく聞きますが、このビットコインキャッシュは何が違うのか!?

と思う方が多いでしょう。

ビットコインキャッシュが生まれた理由

単純にビットコイン内で方針の違いが発生し、分裂したということです。

ビットコインの利用者が多くなり、データ処理が追いつかなくなるという課題ができました。

そこで、対応しなければという人とそのままでも問題はいという、データ処理に関しての意見の食い違いがあったようです。

その事(それ以外もあるでしょうが)でビットコインとビットコインキャッシュという形で分裂したようです。

ビットコインキャッシュという新たな仮想通貨できましたが、現状ではまだまだビットコインの利用者の方が圧倒的に多いままになっています。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

基本的には利用者から見るとほとんど一緒で何も違いはないといっていいでしょう。

とにかく分裂して名前は似ているが全く違う仮想通貨ということになります。

ビットコインキャッシュの購入方法

ビットコインを取り扱っている取引所でのほとんどが、ビットコインキャッシュの購入が可能になってきています。

ビットコインを購入したことがある方は、ビットコインキャッシュを同じ取引所で購入できるということを既に知っているでしょう。

これから初めての仮想通貨の購入を考えている方で、ビットコインキャッシュを購入しようと考えている場合は、仮想通貨取引所の取り扱い仮想通貨をチェックして確認してみてください。

基本的に有名な取引所ではこのビットコインキャッシュは購入できると思います。

ビットコインキャッシュのこれから

分裂した当初は一気に価値が値上がりましたが、そこからは徐々に下がったり多少上がったりで推移は安定している感じになっています。

ビットコインの分裂で内容に関してはほとんど同じと言えますので、ビットコインキャッシュの購入者はビットコインに比べまだまだのようです。

これから価値が上がっていくとすれば、ビットコインが何かしら起こした場合にビットコインキャッシュユーザーが移動し価値が上がる可能性があると言えますね。

資金に余裕がある方はビットコインキャッシュを持っておいて、ビットコインが何かしら大きな事を起こした場合、大儲けできる可能性があるのかと。。。

ただ、ショッピングなど市場に出ていかなければただの仮想通貨となり、何のために所持しているのかという状況も十分にありえますので気をつけておきましょう。