イーサリアム(ETH)

イーサリアム
現在は仮想通貨の2番手になります。

ビットコインの次に有名な仮想通貨だと言えます。

実際にここの仮想通貨の名前はイーサリアムではなく、イーサーになります。

イーサリアムの特徴

このイーサリアムの最もな特徴としては、契約情報も付与し管理していることです。

ビットコインにはない、この契約で違いを作り勝負しています。

その内容に関しては、その都度変わることもあり、何とも言えませんが、ユーザーが得する契約を購入の際にしてくれることが多いようです。

契約と言い方をしましたが、単純に条件ですね。

簡単に言えば、口約束ではないということです。

例えば、洋服屋さんで洋服を購入して、次回購入する際は、半額にしますね!と、言われたが実際2回目の買い物にいった場合に、店員にそんなこと言いましたか?と、言われる可能性があります。

このようなことがないようにイーサリアムでは、1回目の洋服を購入した際に、次回は半額で販売しますという契約を購入した時点に付与することができるのです。

このようなシステムを取り入れているのがイーサリアムで他にはない仕組みになっています。

これからこの契約システムが、どのような方法で活躍するかが注目されています。

イーサリアムの将来性

正直にこれからと言われている仮想通貨であるのは間違いありません。

2番手以降の仮想通貨は全てそのように言われれることが多いでしょうがw

1つ、大きな将来性がある理由としては、マイクロソフトと提携したというニュースがありました。

これが、どうなるかどうかわかりませんが、超大手企業との提携は将来性がある以外、考えられないですよね。

これからの期待性はかなり高く、価格が高騰する可能性が高いですね。

現に、2017年5月時点では好調で価格がどんどん上がっています。

仮想通貨で投資を始める人は、どのような状況なのかを知っておくべき仮想通貨の種類になります。

イーサリアムの今までの推移

2014年にネット上での資金調達を行いました。

当初は1イーサーは約26円で、正式にリリースした2015年8月に約120円となりました。

徐々に知名度を上げていき、2016年3月には1696円まで上がっていました。

投資家などが、持っておいたほうがとどんどん値を上げていったのかもしれませんね。

そして、さらに1年後には1イーサーが3000円近くまで上がりました。

理由としては、ビットコインが下落し、そのビットコインを所持していた人の一部がイーサリアムに変更した人がいたというのが原因と言われています。

そして、さらに1イーサーが40000円と爆上げを記録しました。

大手企業の参入などの話題が大きく、現在ではバカみたいに値上がりしています。

日本の超大手自動車企業のトヨタも参加するなど、さらに注目が集まっています。

この記事を読んだからもきっと、イーサリアムの仮想通貨が欲しくなるかもしれません。

このようなことで、値上がりしていくのでしょう。

ただ、現在2017年7月には1イーサーが20000円と下落していますが、バカ上がり下理由でちょっとした混雑を起こしてしまったのでしょう。

何かしら起これば一気に値上がり、値下がりをしてしまうのが仮想通貨

今後のイーサリアムはどうなるのか・・・。

イーサリアムの購入方法

現在は仮想通貨では有名なので、基本的にどこの仮想通貨取引所でも扱っています。

当サイトでご紹介しているほとんどの取引所での購入は可能となっていますので、購入をしてみたいという方はチェックしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加